ガスご利用ガイド
トップページ > ガスご利用ガイド > ガス機器の安全使用

ガス機器の安全使用

ガス機器は新鮮な空気を求めています

ガス機器が劣化していたり、換気が不十分な状態でガスが燃焼すると、不完全な燃焼となり、 同時に有毒なCO(一酸化炭素)が発生し中毒する恐れがあります。

・キッチンで

コンロや小型湯沸器をお使いになる時は、必ず換気扇を回すか、窓を開けて換気しましょう。

・お部屋で

ガスストーブ、ファンヒーターをお使いになる時は30分に1回程度、新鮮な空気に入れ替えましょう。

こんな使い方は大変危険です

ガスコンロ

揚げものをしている時やグリルを使用しているときは、 その場から離れないことが大切です。来客や電話などで その場を離れるときには、必ず火を止めてください。

小型湯沸器

小型湯沸器で浴そう、洗濯機への給湯、シャワー、洗髪 などの長時間連続使用は不完全燃焼の原因となり、 大変危険です。絶対におやめください。

ガスストーブ

ガスストーブの付近には燃えやすい物は置かないように 注意してください。小さなお子さまがいるご家庭では やけどなどに注意してください。

マイコンメーターの機能を解説!ガスの安全見直し隊ウィズガス太田市エネルギーを上手に使うためのポイント